チームワーク。

強きを助け弱きを挫く。そんな世の中にあって、強き者のおごりを叩き、弱き者と伴走できること。
これがUCOがめざすこれからの大阪の未来像だと思う。

ところが、強権を使って、やれ二重行政だ、統治改革だと言って、住民を踏みつぶすような傲慢な大阪市政府政を眼のあたりにしてしまうと、その毒にやられてしまう。

気がつくと、反維新、反都構想となって、目はつり上がり、強面になっている自分自身が居る。

UCOのめざしている理念はわかるが、現況のひどい状況に飲み込まれてしまう。
いわゆる命が写ってしまう。ミイラ取りがミイラになるというアレだ。

そんなとき、今のUCOのチームは本当に心強い。ぶれない。

面白くて歴史ある大阪が好きで、その延長線上に未来を見据えている。
私はいつも仕事で利益を生むことにばかり目がいっていて、どうにもこうにもすぐにこの未来を忘れてしまう。でもこのチームならやれそうな気がする。もう一度少年の気持ちに戻って。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 1500億円に上る市立高校の財産無償譲渡差し止め請求 第3回報告会

  2. 裁判が始まった、大阪市立高校無償譲渡問題

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その1 「江戸時代の大坂」と「明治以後の大阪」の架け橋になった巨大区

  4. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。

  6. まちづくりは、人づくり02 夕霧大夫350回忌に向けて ~天王寺区下寺町02~

  7. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  8. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

新着ブログ

  1. NEXT OSAKA講座

  2. 新庄新監督とメディアの関係に学ぶ

  3. 衆議院選挙が明けて。

  4. ねたみの構造を使う政治

  5. 体調崩しています。