特集アーカイブ

カジノ誘致問題キャンペーン02

大阪府・大阪市IR推進局が進めているIRカジノ計画。本計画の概要となる「大阪・夢洲地区特定複合観光施設区域の整備に関する計画」(案)。
IRカジノの用地として大阪湾の埋立地「夢洲」が予定されているが、昨年末よりマスコミ等で報道されている通り、用地開発や整備等で巨額の公金が投入されており、今後もさらに公金がつぎ込まれる恐れが出ています。
また、発表された計画案にしても、収支計画には杜撰な数字合わせの疑いがあったり、治安対策やギャンブル障害(依存症)対策にしても、おざなりで、とても対策と呼べるものではないことが多くの市民や識者から指摘されています。

今後、2月10日から始まる大阪市議会、2月24日から始まる大阪府議会において、IRカジノ計画案の審議・採決をはじめ、用地開発や整備等に係る予算についての審議・採決が行われます。

UCOでは、IRカジノに関する問題点や行政の進め方に関する問題点など、住民をわきにおいて巨大な開発を進めようとしている現在の大阪行政について、識者や市民団体、住民の声を連続して掲載する「カジノ誘致問題キャンペーン」を実施しています。

市民、府民に契約詳細が知らされることなく進められるIRカジノ計画。
「平和と民主主義をともにつくる会・大阪」 代表の山川義保氏は、住民不在でことを進めようとしている大阪行政の非民主的な手法について訴えています。
とくに、2月、3月の市議会、府議会でも、実際のカジノ業者との契約内容を知らせることなく、12月に公開された、「「大阪・夢洲地区特定複合観光施設区域の整備に関する計画」(案)」に記載された情報だけで、大阪府に契約をするか否かを問おうとしている実態を明白にしています。


動画で語られている住民説明会は、新型コロナウイルス感染症の拡大を口実に2月5日(土曜日)以降の説明会は中止となりました。
現在は、説明動画を公開し、同計画(案)に関するご質問につきまして、インターネットおよびファクシミリで受付をしています。
受付期間 令和4年2月1日(火曜日)から令和4年2月14日(月曜日) 17時まで
「いただいたご質問につきましては、内容をとりまとめの上、2月中を目途に、当ページにて回答を掲載します。」としています。
IRカジノ計画の説明会についての大阪府の情報へのリンク

新着記事・番組

  1. 夢洲の圧密沈下による地盤沈下

  2. 3/25地方自治最悪の事例を追認した不当判決。

  3. 「住民の意思を聞け」。大阪カジノ誘致の賛否を問う住民投票を求める署名運動へ市民が立ち上がった。

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その2 西へ西へと流れた街のエネルギーと水都の原風景

  6. カジノ誘致問題キャンペーン03

  7. 大阪IRカジノ「区域整備計画」の問題点とカジノ反対署名70,000筆超の民意

  8. カジノ誘致問題キャンペーン02

新着ブログ

  1. 夢洲の地盤の圧密沈下問題

  2. 子どもがいて、地域があって、学校がある

  3. 大阪に欠けたるもの

  4. 『世界』3 月号特集 2「維新の政治」を読む

  5. IR 整備計画 市民の疑念放置できぬ