「区」150年の歩み

本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

  • 再生回数:62
「区」150年の歩み
本渡章さん
取材
UCO

UCOでは、NEXT OSAKAを妄想するベースとして、大阪市の辿ってきた道のりを再検証する企画を進めています。その一つが大阪市を形作ってきた歴史を、その土地の成り立ちと経済、文化など様々な要素を持った「区」から見つめ直そうという試みです。

今回は、明治期の西区の番外編。当時の大阪府と区、大阪市の関係。明治時代は大阪府と4つの区に続いて大阪市が後から誕生します。
できたころの大阪府は、明治の新政府が任命した府の知事が、大阪市長がやるべき仕事も兼任して、政府の意向を地域に伝えるための機関でした。府は、地元のことよりも中央集権国家づくりを急いでいました。明治という特別な時代ならではの出来事です。

大阪市ができるのは明治22年。その前の明治12年に4つの区ができて、当初市がまだ機能していない間は、現在では市が行っているようなことまで、この区がそれぞれの地域で主体的に動いていた時代がありました。区が、現在の市のような役割を果たしていました。
大阪市が発足したときに、4つの区がそのまま残って役割分担をしながら行政を行っていくしくみがこの後だんだんと築かれていきます。
1つ問題だったのは、当初の市は「市政特例」といって、大都市を管理下に置いておきたいという国の意向があり、大阪府知事の権限が強かった。市はできたけれども、実質的に自治体としての機能は果たせていませんでした。
大阪市に自治を任せてほしいという運動がおこり、実ったのが明治32年です。市政特例が廃止され、いまのような市と区が役割分担をしながら大阪市域を運営していく形態がつくられていきました。

「古地図でたどる大阪24区の履歴書」
著者:本渡章、出版:140B、定価2,200円+税

をお買い求めいただけるとさらに楽しめるはずです。


本渡章 Hondo Akira
1952年生まれ。作家。
古地図昔案内シリーズなど著書多数。
講演、まち歩きツアー、古地図サロンなどの活動も行っている。

新着記事・番組

  1. 夢洲の圧密沈下による地盤沈下

  2. 3/25地方自治最悪の事例を追認した不当判決。

  3. 「住民の意思を聞け」。大阪カジノ誘致の賛否を問う住民投票を求める署名運動へ市民が立ち上がった。

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その2 西へ西へと流れた街のエネルギーと水都の原風景

  6. カジノ誘致問題キャンペーン03

  7. 大阪IRカジノ「区域整備計画」の問題点とカジノ反対署名70,000筆超の民意

  8. カジノ誘致問題キャンペーン02

新着ブログ

  1. 夢洲の地盤の圧密沈下問題

  2. 子どもがいて、地域があって、学校がある

  3. 大阪に欠けたるもの

  4. 『世界』3 月号特集 2「維新の政治」を読む

  5. IR 整備計画 市民の疑念放置できぬ