ネーミングライツ考

2014年のハフポストの記事ですが。
https://www.huffingtonpost.jp/2014/05/15/kamakura-toyoshimaya_n_5334297.html

同社の発表によると、由比ガ浜は「由比ガ浜海水浴場」、材木座は「材木座海水浴場」、腰越は「腰越海水浴場」。それぞれ最も多くの応募があり、長年地元で親しまれた名称がそのまま生かされる形となった。
今夏から3年間、使われる予定。久保田社長は「昔ながらの慣れ親しんだ名前になってよかった。海水浴場という言葉が死語になりつつある中でこの呼び名が入っていていいと思う」と語った。
(朝日新聞デジタル「鎌倉の3海水浴場、名称決まる 地元企業が募集」より 2014/05/15 12:30)

粋なネーミングライツ契約だ。10年契約で1億2000万円。粋だ。しかも7年も前の話なのだ。

そしてとても残念なのがこれだ。もう少しなんとかならなかったものなのか。
大阪市立中央図書館 → 辰巳商会中央図書館・・・。
辰巳商会は、これでマイナスイメージを売ってしまいました。

今の大阪市政・府政は、全体の方向性は「金になることなら何でもやる」「売れるものはなんでも売る」
「作った金でIRカジノに充てる」「その資金は全て大阪府に渡す(広域一元化)」方向に流れています。
気がつけば、高校も大学も小学校も幼稚園も病院もなくなっていきます。
その一端がここに感じられるわけです。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  2. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 大坂三郷プラスワン。4つの区の誕生

  4. 暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

  5. ストップ維新!リレートークその3:看護師の現場から

  6. ストップ維新!リレートークその2:元大阪市保健師・亀岡照子さん

  7. 農業のある大阪の未来02:ナカスジファーム

  8. ストップ維新!リレートークその1:淀川料飲協同組合・堀口博信理事長

新着ブログ

  1. 印象操作をする高市陣営。

  2. 祝登録者500名突破。

  3. 60年の時を経て包まれた凱旋門。クリストとジャンヌ=クロードの夢の巨大プロジェクトがパリで実現

  4. そうだったのか維新。

  5. イベントが終わって。