印象的なジングルが欲しい

ブログならともかく、動画やポッドキャストとなるとジングルが大切ですよね。
ということで5-7秒くらいのたたき台を作ってみました。
コンセプトは
1)親しみやすい
2)覚えやすい
3)お金を掛けずに修正しやすい
ということで考えてみました。それがこれです。
これでも30分くらいは作成掛かってるんですよ~。
まだ全く納得してませんが、バージョンアップしていきたいと思います。
本当はミレパの常田大希氏が好きなので彼に作ってもらいたいんですけどね~。(妄想暴走)

https://ja.wikipedia.org/wiki/ジングル_(ラジオ)

ジングル (ラジオ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ジングルjingle)とは、ラジオ番組などでコマーシャルの開始や終了、楽曲・コーナーの切り替わりなど、番組の節目に挿入される短い音楽などの総称。サウンドデザイナー作曲家により製作され、それらはテレビ番組におけるアイキャッチに相当するものでもある。

概要

放送局として共通で使用するものと、番組独自に作成し使用するものの、大きく分けて二つが存在する。放送局によって呼び方が違う場合があり、一部の放送局では「SS=(サウンド)ステッカー」(TBSラジオなど)、「アタック」(文化放送など)とも呼ばれる。また放送局の周波数やキャッチコピーを使うものが多い(TOKYO FM「TOKYO FM 80.Love♪」、J-WAVE「Soundscape and Imagination, 81.3」など)。

放送局が作成するだけでなく、ジングル作成専門の製作会社、もしくはメジャーアーティストが作成・歌唱したジングルを使用する放送局もある(TOKYO FM:m-floRIP SLYMEchayなど)。また、番組によっては、リスナーから内容を募集することもある(山里亮太の不毛な議論星野源のオールナイトニッポンなど)。

 

関連ブログ