借り物ではない概念を伝えるということ。

市民がめざしているひとつの地平が「コモン」の再生にあることは間違いないと感じています。
しかししかし。
コモンという概念が私たちの言葉になっていない。

嘉門達夫なら知っているけど、コモンといわれてもなー。

確かに。

共同体とか、言われてもピンとこないし。そもそも大阪の共同体って?

「コモンの再生」
Amazon.co.jpによる
https://www.amazon.co.jp/dp/4163912924/ref=cm_sw_em_r_mt_dp_PRE42D3BBFH5V8GBGVKB

それでもアイデンティティとか、コモンとかの横文字を使うのは、それまでにない「概念」「考え方」だからです。新しい概念を提出・提案しようとしている場合、そのせいで勢い横文字になるわけです。

ただそれは新しい概念であっても、私たちの言葉として定着しているわけではない。

UCOはUCOとしてのおおきな概念「言葉」を、自らの武器として持たねばならないと思う次第です。

そういうこと一緒にやりたい方、是非ご連絡くださいませ。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  2. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 大坂三郷プラスワン。4つの区の誕生

  4. 暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

  5. ストップ維新!リレートークその3:看護師の現場から

  6. ストップ維新!リレートークその2:元大阪市保健師・亀岡照子さん

  7. 農業のある大阪の未来02:ナカスジファーム

  8. ストップ維新!リレートークその1:淀川料飲協同組合・堀口博信理事長

新着ブログ

  1. 印象操作をする高市陣営。

  2. 祝登録者500名突破。

  3. 60年の時を経て包まれた凱旋門。クリストとジャンヌ=クロードの夢の巨大プロジェクトがパリで実現

  4. そうだったのか維新。

  5. イベントが終わって。