なぜイングランドでは検査できて日本で大阪でできないのか。

大阪府政市政、国政の無策振りを指摘していると、対案を出せ、だとか、文句ばかりを言っているという話になるが、ワクチンのことはちょっと外しておいて、このワクチン検査キットによる無償検査がなぜイングランドではできて、日本や大阪ではその話にもならないのかが不思議だ。
自粛と自粛なしのくりかえしに府民市民も限界に来つつある。
見通しの甘さと強制的なお願い。補償費用で十分検査費用がまかなえるのではないか。
むしろ、ショックドクトリン(惨状便乗型資本主義)のごとく、府市民をコロナに乗じてコントロールすることを菅自公政権や吉村維新が策として使っているのではないかという疑問すら感じる。残念だが。

また野党もこういった政策を立案して柱として掲げれば、次期衆議院選挙ではかなり有利だと思うのだが、全くその声が聞こえてこない。

イギリス政府は新型コロナウイルス検査計画の拡大の一環として、9日からイングランドの全ての市民が、週2回のウイルス検査を無償で受けられるようにする。

イングランドの全市民へのウイルス検査には、約30分で結果が出る「ラテラルフロー」と呼ばれる方式の迅速検査が用いられる。この検査キットは検査会場や薬局、郵送で無償で入手できるようにする。

迅速検査は新型ウイルス感染症COVID-19の症状がない人を対象としたもので、自宅でも実施することが出来る。

イングランドでは今年になって、3月までの学校再開を目指し、この検査をすでに学校に通う子どもたちとその家族、仕事のため外出する必要のある人を対象に提供してきた。

ボリス・ジョンソン英首相は9日からイングランドの全市民にウイルス検査を提供する計画を歓迎。「ワクチン接種計画が順調に進み、制限を慎重に緩和するロードマップが進められる中、これらの努力が無駄にならないようにするためにも、定期的な迅速検査がさらに重要になる」と述べた。

マット・ハンコック保健相は、この検査計画は今後の感染流行を抑えるのに役立つと説明した。

しかし、この計画に批判的な人たちからは「とんでもない」お金の無駄遣いになる危険性があるとの声が上がっている。

https://www.bbc.com/japanese/56636489.amp BBCニュースより引用

 

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 2022年1月24日カジノ公聴会(ほぼノーカット版)

  2. 1500億円に上る市立高校の財産無償譲渡差し止め請求 第3回報告会

  3. 裁判が始まった、大阪市立高校無償譲渡問題

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その1 「江戸時代の大坂」と「明治以後の大阪」の架け橋になった巨大区

  5. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  6. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。

  7. まちづくりは、人づくり02 夕霧大夫350回忌に向けて ~天王寺区下寺町02~

  8. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

新着ブログ

  1. NEXT OSAKA講座

  2. 新庄新監督とメディアの関係に学ぶ

  3. 衆議院選挙が明けて。

  4. ねたみの構造を使う政治

  5. 体調崩しています。