エモい考。

感情に訴えかける「エモーショナルマーケティング」を神田昌典氏が日本に紹介したのは1990年台、口コミ伝染病(2001年)前後だったように思います。
それまでマーケティングって数値分析とか定量解析みたいなことが中心で、潜在的な市場を分析して想定するようなことをしていました。ですのでマーケティングから新しい創造は生まれないということがよく言われていた時代です。

それに対して、人間の感情に訴えかけるエモーショナルマーケティングは、潜在的な人間に潜む欲求要求を引きずり出すことをマーケティングとして行うというこれまでにない手法でした。
例えば、「全く買い手のない黄色い財布を1万円で売ることができるのか」というようにエモーショナルに訴えることでコレまで存在していなかった市場を作り出す、というようなものです。

今となってはごくごく当たり前の手法になりましたが、当時は画期的だったんですよね。

斎藤幸平氏曰く、この価値のないところにブランディングして付加価値を与えること自体が、地球環境を壊していく原動力になっているという現実も一方ではあるので、功罪の罪の部分が大きくなっているように思います。

先日、企画会議で、とある売れたyoutuberの話題で「映像はエモくないとダメ」という表現について、議論がありました。

一方、エモいは感性の死であるというようなブログもあります。

2018流行語「エモい」は感性も語彙力も低下させる

https://www.businessinsider.jp/post-180307

エモいというか、感情に訴えかける=心の琴線に触れるような表現については追及していかねばならないと思った次第でした。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  2. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 大坂三郷プラスワン。4つの区の誕生

  4. 暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

  5. ストップ維新!リレートークその3:看護師の現場から

  6. ストップ維新!リレートークその2:元大阪市保健師・亀岡照子さん

  7. 農業のある大阪の未来02:ナカスジファーム

  8. ストップ維新!リレートークその1:淀川料飲協同組合・堀口博信理事長

新着ブログ

  1. 印象操作をする高市陣営。

  2. 祝登録者500名突破。

  3. 60年の時を経て包まれた凱旋門。クリストとジャンヌ=クロードの夢の巨大プロジェクトがパリで実現

  4. そうだったのか維新。

  5. イベントが終わって。