脱成長という射程。

このままでは人類による気候変動によって、地球環境が元に戻らなくなる閾値を超える。
そう言われてきたが、いよいよ私たちが生きている間にその現実を実感できるようになってきた。

3月に夏日? サクラが3月で散る?

そんな記憶はあまりない。でも生きている間にサクラは3月上旬の花になるのではないか、ふとそう思った。不可逆的な気候になるまでにあと20年と言われてきたがそれは突然来るのではなく、なんとなく確実に近づいてくるのだ。

それに対して、脱成長、脱資本主義を早くスタートしないと本当にこの現実がやってくる。

でも具体的に、レジ袋を有料化したら済む話ではないだろう。
具体的に行動できる何かにしなければならない。

大阪の成長がとか、二重行政がとか、そういうレベルではない大阪の絵をどうやって描けばいいんだろう。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 1500億円に上る市立高校の財産無償譲渡差し止め請求 第3回報告会

  2. 裁判が始まった、大阪市立高校無償譲渡問題

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その1 「江戸時代の大坂」と「明治以後の大阪」の架け橋になった巨大区

  4. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。

  6. まちづくりは、人づくり02 夕霧大夫350回忌に向けて ~天王寺区下寺町02~

  7. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  8. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

新着ブログ

  1. NEXT OSAKA講座

  2. 新庄新監督とメディアの関係に学ぶ

  3. 衆議院選挙が明けて。

  4. ねたみの構造を使う政治

  5. 体調崩しています。