【2021.10.06号】「古地図でたどる大阪の歴史」 第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。

このメールは、UCOの無料メール会員に登録された方にお送りしています。
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ユーシーオオサカ通信                   2021年10月06日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 様

本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み
第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。
https://ucosaka.com/20211005_24ku/

本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」は、大阪市を形作ってきた歴史を、その土地の成り立ちと経済、文化など様々な要素を持った「区」から見つめ直そうという試みです。
第1回を3つのパートに分けて紹介しています。
その3は、平成に入り、都心部のドーナツ化現象や中心部の産業の変化に伴い、減区、合区していく現在までの時代を見ていきます。
戦後以降周辺の町村の編入や人口増による分区により26区となった行政区でしたが、都心部の定住人口減が進み、平成元年(1989年)に24区となりました。
旧大淀区は、現在も再開発が続いている大阪駅の北部ですが、北区に包摂され、一大繁華街地帯となって大きく変貌しています。日本全体が人口減少期に入っている今後、大都市部での行政区をどのように構成、編成していくかは重要なテーマです。ただ単に人口の数合わせなどでの合区や減区ではなく、地域の文化的背景や、これまでの分区の経緯、経済産業としてどのような地域としていくかなど、複合的に視点をもって行政区を再構築していく必要性があるのではないでしょうか。
第1回の概要編から見えてくるのは、今後の大阪の産業、生活、文化をどのようにしていくのかという都市計画について考えることが重要だということと思えます。
UCOでは、『「区」150年の歩み』と並行して、財政面から大阪市の歴史を敷衍する企画を進行中です。こちらは近々スタート予定です。ぜひご期待ください。

大阪市や区の歴史、大阪の未来についての皆様のご意見や記事への感想をお寄せください。

お問合せ


から投稿できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
市民情報局ユーシーオオサカ

◇ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!
 https://ucosaka.com/mail/
◇メールマガジンに関するお問合せ先: contact@ucosaka.com
◇登録情報の変更・配信停止等は下記から行ってください。

top page


◇発行:合同会社大阪コミュニティ通信社
〒554-0012 大阪市此花区西九条二丁目7-8 田丸ビル3F
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C)2021 ユーシーオオサカ

新着記事・番組

  1. カジノ誘致住民投票条例 府議会による否決は住民自治・民主主義軽視

  2. 吉村知事との面会を頑なに拒み続ける府職員 行政の長も職員も府民の声を受け取らない姿勢が問われる

  3. カジノ誘致の賛否をもとめる210,134の府民の声、いよいよ府に請求

  4. 大阪府庁を取り囲む550人超のヒューマンチェーン。住民投票の実現をもとめる府民の声が高まった

  5. 夢洲の圧密沈下による地盤沈下

  6. 3/25地方自治最悪の事例を追認した不当判決。

  7. 「住民の意思を聞け」。大阪カジノ誘致の賛否を問う住民投票を求める署名運動へ市民が立ち上がった。

  8. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

新着ブログ

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第4回 大阪港湾エリア 近代港の発展 港区・大正区・此花区の成り立ち

  2. 夢洲の地盤の圧密沈下問題

  3. 子どもがいて、地域があって、学校がある

  4. 大阪に欠けたるもの

  5. 『世界』3 月号特集 2「維新の政治」を読む