【2021.08.11号】自分度を拡げる未来01 暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

このメールは、UCOの無料メール会員に登録された方にお送りしています。
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ユーシーオオサカ通信                    2021年8月11日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 様

自分度を拡げる未来01
コーポラティブハウス
暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、昨年来、DIYやガーデニングがブームとなっている。また、芸能人によるリフォーム番組もよく放送されたり、SNSでのリフォームや自作インテリアな情報の発信も多くのフォロワーがつく現象が起こっている。「自作」・「自前」ブームが来ている。自宅の設備交換やリフォームを手掛けるような、本格的に取り組む事例もよく聞く。ガーデニングでも、草花だけでなく、ハーブや野菜といった食につながる「自前」も多くの過程で行われるようになっているようです。
コロナ禍による外出自粛に加えて、コスト抑制しながら環境を変えたい、気分を変えたいということもあるのだと思います。
「自作」で言えば、パソコンも自作にこだわる人は今もいるし、1970年代ごろには、一部のマニアの中でオーディオやスピーカーの自作ブームも起こっていた。もう少し遡れば、1960年代半ばあたりから既製服が出回る前は、一般女性向け洋裁教室が多くあり、自前のブラウスや子ども服づくりが行われていた時代もありました。
衣食住の様ざまな分野で「自前」で行っていたことが、時代とともに(それは大量消費の促す社会と1日における生活時間の縮小などによる)物を買うことで賄うようになっていきました。
大量生産と低価格という資本主義の拡大と、賃金労働の拡大、労働時間の拡張による生活時間の圧迫という複合的な要素が絡み合って、現在のようにモノを買うことで様ざまな生活分野における自分領域を狭める状況になっています。
90年代以降、コーポラティブハウスという住宅建設がクローズアップされました。複数の世帯が共同で購入した土地に、共同で住宅を建てるという、住まいと生活環境を「自前」で作ろうというものです。建築家の伴 年昌[ばん としあき]氏は、コーポラティブハウスの実践者であり、住宅こそ、いまの時代に「自前」で作ることのできるいい事例だといいます。伴氏は、生活の中で、「自前」でできる領域を示す指標として「自分度」という概念を提唱しています。

モノを「買う」前に、それは「自前」でできるかどうかを考える。自分度を拡げられるかどうかを考えることは、生活を自分に近づける、他人に依存した生活を見直すきっかけになる。消費社会のサイクルから、少しだけ自分領域、自分度を拡げることは、生活のいろいろを自分で考える、ということに繋がります。
今回の記事は、コーポラティブハウスから、生活環境の自己領域=自分度を拡げた暮らしについて考えるシリーズの第1弾。
ユーシーオオサカは、自分度を拡げる未来を妄想します。

なお、今回、NEXT OSAKAを考えるアプローチとして、コーポラティブハウスから、生活環境の自己領域=自分度を拡げた暮らしについて深く考えていく講座を開催します。
3回シリーズで第1回は、「平成長屋MOMO」の見学と、コーディネイトされた伴年昌氏を囲んでのワークショップを行います。
8月28日土曜日14時~19時半まで「暮らしの自分度を取り戻すコーポラティブハウス勉強会」を開催いたします。主に、伴年晶氏設計のコーポラティブハウスMOMO及び周辺の町屋改装住宅を見学し、阿倍野市民活動センターで伴氏による解説を行う予定です。お申込者には追って詳細ご連絡します。
緊急事態宣言下ですので、感染防止には万全を期して運営に当たります。

と き:8月28日14時~19時半を予定
場 所:西田辺近辺のまち
    「平成長屋MOMO」見学 16:00~
    ワークショップ 18:00~19:30
定 員:10名
参加費:4,000円(学生2,000円)

消費社会の中の「自分度」と「他人度」についての皆様のご意見や記事への感想をお寄せください。

お問合せ


から投稿できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
市民情報局ユーシーオオサカ

◇ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!
 https://ucosaka.com/mail/
◇メールマガジンに関するお問合せ先: contact@ucosaka.com
◇登録情報の変更・配信停止等は下記から行ってください。

top page


◇発行:合同会社大阪コミュニティ通信社
〒554-0012 大阪市此花区西九条二丁目7-8 田丸ビル3F
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C)2021 ユーシーオオサカ

新着記事・番組

  1. 夢洲の圧密沈下による地盤沈下

  2. 3/25地方自治最悪の事例を追認した不当判決。

  3. 「住民の意思を聞け」。大阪カジノ誘致の賛否を問う住民投票を求める署名運動へ市民が立ち上がった。

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その2 西へ西へと流れた街のエネルギーと水都の原風景

  6. カジノ誘致問題キャンペーン03

  7. 大阪IRカジノ「区域整備計画」の問題点とカジノ反対署名70,000筆超の民意

  8. カジノ誘致問題キャンペーン02

新着ブログ

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第4回 大阪港湾エリア 近代港の発展 港区・大正区・此花区の成り立ち

  2. 夢洲の地盤の圧密沈下問題

  3. 子どもがいて、地域があって、学校がある

  4. 大阪に欠けたるもの

  5. 『世界』3 月号特集 2「維新の政治」を読む