【2021.07.03号】農業のある大阪の未来02:モノづくり、コトづくりの先へ

このメールは、UCOの無料メール会員に登録された方にお送りしています。
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ユーシーオオサカ通信                    2021年7月3日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 様

農業のある大阪の未来02:ナカスジファーム
モノづくり、コトづくりの先へ

農業のある大阪の未来02:ナカスジファーム

最近は大手スーパーマーケットでも、地場産の野菜が店頭に並ぶようになってきた。
大阪府も「大阪もん」というフレーズを掲げて地元産品のブランド化と拡販に努めていることもあって、消費者にも浸透してきました。
近郊で農業生産ができるているからこそ、鮮度が高く、おいしい野菜が手に入る。地場産品が入手できるお店や、取り扱っているマーケットがあれば、それらを買うことで、少しでも生産農家を支えることになる。大阪という大都市であるからこそ、その人口を支える農家がほんとうは必要です。
いま、富田林市の農家コミュニティから新たな試みが始まろうとしています。
100年以上続く農家の4代目のなす農家。
農地もなく、技術もなく、地域とのつながりもないけれども、新規就農にチャレンジしようとする方に、学びたい方が学びたいことを学べる環境を作ろうと、仲間の農家と法人を作り、「農業塾」をはじめられた。
農家とのマッチングや農地の仲介などは、行政が行うことが多いが、なかなか新規就農に結びつくことがないようです。
地域の事情や土地でつながりを持つ農家のコミュニティが引き受けることで、ミスマッチのない関係づくりを行っていきたいとはじめられました。
農業を楽しむ環境づくりを農家から発信していこうという試み。都市や都市生活者との新しい関係づくりを、農家が積極的に関与していこうという試みは、大阪の新たな農環境のワンステップだと確信します。
ユーシーオオサカは、農業からNEXT OSAKA考えていきます。

農と大阪や都市農業についての皆様のご意見や記事への感想をお寄せください。

お問合せ


から投稿できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
市民情報局ユーシーオオサカ

◇ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!
 https://ucosaka.com/mail/
◇メールマガジンに関するお問合せ先: contact@ucosaka.com
◇登録情報の変更・配信停止等は下記から行ってください。

top page


◇発行:合同会社大阪コミュニティ通信社
〒554-0012 大阪市此花区西九条二丁目7-8 田丸ビル3F
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C)2021 ユーシーオオサカ