【2021.06.30号】ストップ維新!リレートークその1:淀川飲料協同組合・堀口博信理事長

このメールは、UCOの無料メール会員に登録された方にお送りしています。
□■□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ユーシーオオサカ通信                    2021年6月30日
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□■□

 様

ストップ維新!リレートークその1:淀川飲料協同組合・堀口博信理事長

ストップ維新!リレートークその1:淀川飲料協同組合・堀口博信理事長

大阪では、緊急事態宣言に伴う飲食店への時短要請協力金の支払いが遅いという状況が続いています。古くは、
昨年11月に始まった北区、中央区の時短要請。12月に申請したが、3月時点でも支給どころか、支給決定通知さえ届かないお店が続出。
その後大阪では、12月16日から市内全域の飲食店に時短要請を拡大、また今年1月14日からは、大阪府に緊急事態宣言が発令されたことを受け、翌14日から府内全域の飲食店に拡大。2月月末に宣言は解除されたものの大阪市においては継続。また4月には3回目の緊急事態宣言を発令し、6月20日まで続いた。解除後もまん延防止等重点措置に移行し、時短営業、酒類提供は19時までという状況が続いています。
6月13日付の朝日新聞には、今年1月に2度目の緊急事態宣言が出された11都府県のうち、6府県の支給率は6月上旬時点で9割を超えたのに対し、大阪府は64%と最低。大阪府では3月末まで、申請に対応していた職員が2~3人であったとの情報も出てきました。その後、時短要請協力金の対応はパソナに依頼、1月末から6月まで20億8000万円で丸投げ委託されていたことが発覚しました。

このように、大阪では支給が極めて遅いことが度々報道されはしたが、当事者の声がなかなか届かないのが実情です。現在の飲食店の多くが置かれている状況を淀川飲料協同組合理事長の堀口博信さんに語っていただきました。

なお、6/20に実施できなかった集会は、9月17日(金曜日)18:30エルおおさかでの開催を予定しています。

大阪のコロナ対応についての皆様のご意見や記事への感想をお寄せください。

お問合せ


から投稿できます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
市民情報局ユーシーオオサカ

◇ご意見、ご感想などはお気軽にどうぞ!
 https://ucosaka.com/mail/
◇メールマガジンに関するお問合せ先: contact@ucosaka.com
◇登録情報の変更・配信停止等は下記から行ってください。

top page


◇発行:合同会社大阪コミュニティ通信社
〒554-0012 大阪市此花区西九条二丁目7-8 田丸ビル3F
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C)2021 ユーシーオオサカ