公教育が危ないといって破壊してよいのか。

放課後デイを営む”二児の父”が「日本の学校、ヤバイかも」と思った驚きの出来事

https://gendai.ismedia.jp/articles/-/86258

公教育、日本の学校がヤバいかもと言われて久しい。

学校、教育というしくみはそう簡単に変えられるものではない。また組織やしくみが硬直化していてなかなか内部から変えるのは難しい。

だからといって、行政が教育に介入するのがいいのではない。

日本の、地域の教育をどうすればよいのか、という喫緊の課題について、私たちが具体的に回答を持っているわけではない。

道としては、

A)みんなでじっくり話し合って民主的に新しい方向性を決めていくのか。

B)それとも専制的に上からガツンと構造改革していくのか。

この両端の中で考えていかねばならない問題であるはずだ。

しかし、多くは、もう民主的に時間をかける余裕がない。そしてB)のヒーロー待望論が維新なのだ。

本当にそのポジションに維新が来る力があればよいが、残念ながら彼らは破壊して更地にするしか能力がない。でも民主的に選挙すると、この破壊して再構築願望が、維新を選択させる。

もうみんなとても無関心でかつ忙しすぎるのだ。

そしてそのツケは有事のコロナ禍で発揮されることになった。(続く)

 

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 1500億円に上る市立高校の財産無償譲渡差し止め請求 第3回報告会

  2. 裁判が始まった、大阪市立高校無償譲渡問題

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その1 「江戸時代の大坂」と「明治以後の大阪」の架け橋になった巨大区

  4. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。

  6. まちづくりは、人づくり02 夕霧大夫350回忌に向けて ~天王寺区下寺町02~

  7. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  8. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

新着ブログ

  1. NEXT OSAKA講座

  2. 新庄新監督とメディアの関係に学ぶ

  3. 衆議院選挙が明けて。

  4. ねたみの構造を使う政治

  5. 体調崩しています。