子どもがいて、地域があって、学校がある

『世界』3 月号の大阪「教育改革」で何が失われたかと題した対談。写真右から久保敬・大阪市立木川南小学校校長、名田正廣・大阪市立港中学校校長、斉加尚代・毎日放送ドキュメンタリー担当ディレクター。対談は斉加さんの司会により、久保校長の「提言」から始まる。
じつは昨年 5 月 23 日レポートで朝日 21 日朝刊掲載の「提言」についての記事を紹介している。
大阪市立小学校の校長が、市の教育行政への「提言書」を松井一郎市長に実名で送った。今回の緊急事態宣言中、市立小中学校の学習を「自宅オンラインが基本」と決めた判断について、「学校現場は混乱を極めた」と訴える内容。全国学力調査や教員評価制度な
どにも触れ、子どもが過度な競争に晒され、教師は疲弊していると訴えた。すぐに「提言書」全文を読んだが、じつに考え抜かれた心に迫る内容であり、多くの人に読んでもらいたいとレポートに書いた。対談の一部だけ紹介したい。

(名田)久保先生の提言に対する 255 人の保護者・教職員・市民の意見を添えた一校長としての意見書を、大阪市教育委員会の助言も得て提出。正式なルートで上げたため公文書として開示対象にもなり、教育長とも直接話をする機会を得ました。

(斉加)久保先生の文書の「グローバル経済を支える人材」という言葉を見た時、2011 年、大阪維新の会が大阪府議会に提出した「教育基本条例」をすぐ思い起こしました。学力テスト結果を学校別に公表し、3 年連続定員割れの府立高校は廃校にすること、新しい
人事評価を導入し、「最低ランク」の教員を免職にすることなども含まれていました。

(久保)テストで比べられることによって、本来ちゃんと学力を付けられるはずの子が自尊感情を低くし、学びに向かっていけていません。

(名田)大阪の教育が変えられてきてからもう 10 年。競争にさらされ続ければ、自分の学校さえよければという思考停止にもなりかねない。その波に飲まれないためにも、久保先生の提言は重要です。

(久保)ルールがあればルールに従うのが当然、といったことが強調されています。でもそのルールは誰が作ったのか、どうやって作ったのか、そういうことを私たちは問わなくなってきた。ルールを守るより、自分たちでルールを作る経験を、小さい頃からし
ていかなくてはいけないのではないでしょうか。

対談を読んでいて、「子どもがいて、地域があって、学校がある」というタイトルが心に響いてくる。それを壊し分断を持ち込んでいるのが、教育現場の「維新の政治」だ。
(2022 年 2 月 16 日)

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 夢洲の圧密沈下による地盤沈下

  2. 3/25地方自治最悪の事例を追認した不当判決。

  3. 「住民の意思を聞け」。大阪カジノ誘致の賛否を問う住民投票を求める署名運動へ市民が立ち上がった。

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その2 西へ西へと流れた街のエネルギーと水都の原風景

  6. カジノ誘致問題キャンペーン03

  7. 大阪IRカジノ「区域整備計画」の問題点とカジノ反対署名70,000筆超の民意

  8. カジノ誘致問題キャンペーン02

新着ブログ

  1. 夢洲の地盤の圧密沈下問題

  2. 子どもがいて、地域があって、学校がある

  3. 大阪に欠けたるもの

  4. 『世界』3 月号特集 2「維新の政治」を読む

  5. IR 整備計画 市民の疑念放置できぬ