ねたみの構造を使う政治

大阪維新の会は、橋下徹氏が立ち上げた政治団体ですが、彼のルサンチマンが大きく影響していると感じています。

ルサンチマン 意味 – Google 検索

恨み(の念)。ニーチェの用語では、強者に対し仕返しを欲して鬱結(うっけつ)した、弱者の心。

彼は弁護士として活動する上で、このルサンチマンの利用の仕方を誰よりも深くマスターしたのだと思います。誰の恨み妬みを利用すれば、カネや人が動くのかを熟知しているのではないかと思います。

格差が広がり、固定化、拡大している現状において、世の中はさらに不安定となり、「妬みを煽る」構造はさらにもてはやされるわけです。

税金を使う公務員は妬みの対象。税金を使う公共事業はできるだけカットすべし。

カットした費用は万博の穴埋めに使われ、大阪市の財産は売り払われ、人的資産も資源ももうガタガタになりはじめているんですが、「妬みを存続させるために、妬み続けさせる」手法がまかり通っているんです。

もう既得権益という言葉を使わなくなってきた維新。そのまま既得権益は維新の会そのものだからです。

大阪市が解体されてそんなに楽しいですか。みなさん。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. カジノ誘致住民投票条例 府議会による否決は住民自治・民主主義軽視

  2. 吉村知事との面会を頑なに拒み続ける府職員 行政の長も職員も府民の声を受け取らない姿勢が問われる

  3. カジノ誘致の賛否をもとめる210,134の府民の声、いよいよ府に請求

  4. 大阪府庁を取り囲む550人超のヒューマンチェーン。住民投票の実現をもとめる府民の声が高まった

  5. 夢洲の圧密沈下による地盤沈下

  6. 3/25地方自治最悪の事例を追認した不当判決。

  7. 「住民の意思を聞け」。大阪カジノ誘致の賛否を問う住民投票を求める署名運動へ市民が立ち上がった。

  8. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

新着ブログ

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第4回 大阪港湾エリア 近代港の発展 港区・大正区・此花区の成り立ち

  2. 夢洲の地盤の圧密沈下問題

  3. 子どもがいて、地域があって、学校がある

  4. 大阪に欠けたるもの

  5. 『世界』3 月号特集 2「維新の政治」を読む