大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

大阪市立の高等学校22校が、大阪府に無償譲渡されることが、2022年4月に決定しています。

ですが、この案件、金額が1500億円もするのに、市議会の議決を経ていません。

本年度大阪市の一般会計は1兆8,301億円です。その10%弱の金額の不動産を無償譲渡。

しかも大阪市民のほとんどはこのことを認識していないはずです。

大阪府市一元化の象徴? 二重行政の廃止?

いえいえ、大阪市は政令指定都市として、大阪市に必要な人材育成、教育機関として、公立高校を有しているのであり、しかもその予算自体は地方交付税等でまかなわれているはず。つまり高校があるから大阪市の財政が苦しくなっているわけではなく、それよりも大阪市独自の教育行政を失ってしまうデメリットのほうが大きいと考えるのが常識的な見方でしょう。

私立高校への一部学費無償化が行われているその延長で、次は大阪市から高校をなくす。これが将来の大阪市にどういう影響をもたらすのか。しかも売却ではなく無償譲渡です。

そのことの意味を大阪市民が気づかないうちに、騒がないうちに、こそっとすすめる。

もう既に維新行政の元、廃校が決まっている高校ですら、無償で譲渡されます。

あなたは何も思わないですか。

 

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 裁判が始まった、大阪市立高校無償譲渡問題

  2. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その1 「江戸時代の大坂」と「明治以後の大阪」の架け橋になった巨大区

  3. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。

  5. まちづくりは、人づくり02 夕霧大夫350回忌に向けて ~天王寺区下寺町02~

  6. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  7. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

  8. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 大坂三郷プラスワン。4つの区の誕生

新着ブログ

  1. NEXT OSAKA講座01

  2. 新庄新監督とメディアの関係に学ぶ

  3. 衆議院選挙が明けて。

  4. ねたみの構造を使う政治

  5. 体調崩しています。