大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

大阪市立の高等学校22校が、大阪府に無償譲渡されることが、2022年4月に決定しています。

ですが、この案件、金額が1500億円もするのに、市議会の議決を経ていません。

本年度大阪市の一般会計は1兆8,301億円です。その10%弱の金額の不動産を無償譲渡。

しかも大阪市民のほとんどはこのことを認識していないはずです。

大阪府市一元化の象徴? 二重行政の廃止?

いえいえ、大阪市は政令指定都市として、大阪市に必要な人材育成、教育機関として、公立高校を有しているのであり、しかもその予算自体は地方交付税等でまかなわれているはず。つまり高校があるから大阪市の財政が苦しくなっているわけではなく、それよりも大阪市独自の教育行政を失ってしまうデメリットのほうが大きいと考えるのが常識的な見方でしょう。

私立高校への一部学費無償化が行われているその延長で、次は大阪市から高校をなくす。これが将来の大阪市にどういう影響をもたらすのか。しかも売却ではなく無償譲渡です。

そのことの意味を大阪市民が気づかないうちに、騒がないうちに、こそっとすすめる。

もう既に維新行政の元、廃校が決まっている高校ですら、無償で譲渡されます。

あなたは何も思わないですか。

 

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 夢洲の圧密沈下による地盤沈下

  2. 3/25地方自治最悪の事例を追認した不当判決。

  3. 「住民の意思を聞け」。大阪カジノ誘致の賛否を問う住民投票を求める署名運動へ市民が立ち上がった。

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その2 西へ西へと流れた街のエネルギーと水都の原風景

  6. カジノ誘致問題キャンペーン03

  7. 大阪IRカジノ「区域整備計画」の問題点とカジノ反対署名70,000筆超の民意

  8. カジノ誘致問題キャンペーン02

新着ブログ

  1. 夢洲の地盤の圧密沈下問題

  2. 子どもがいて、地域があって、学校がある

  3. 大阪に欠けたるもの

  4. 『世界』3 月号特集 2「維新の政治」を読む

  5. IR 整備計画 市民の疑念放置できぬ