政治不信は極まっている。

安倍菅政権での一番大きな問題は、本当に政治を信頼できなくなったことだ。

その劣化の影で、大阪維新の会の独裁政治が進んでいる。

地方行政は、二元代表制で決定される。首長が役所と共に作り上げた方向性に対して、議会がそれをチェックするしくみだ。共に市民から選出された首長と議員。この二重チェックによって暴走しないようにしくみ化されている。

ところが、大阪の場合、首長も議会も大阪維新の会で占められており、かつ聞く耳を持たない流儀である。

市民のための意見であっても、「既得権益のためだ」「政党のエゴだ」「市民に選ばれてない意見だ」ということで受け入れる素地すらない。この実態自体が異常なのだけれども、それを在阪マスコミは決して流さない。権力に利するというのはこういうことなのか。

そしてその空気感か、政治に興味がない、興味を持たされていない市民が、なんとなく空気感で、また維新の会を選択している。

本当の悪循環が目の前で起こっている。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 夢洲の圧密沈下による地盤沈下

  2. 3/25地方自治最悪の事例を追認した不当判決。

  3. 「住民の意思を聞け」。大阪カジノ誘致の賛否を問う住民投票を求める署名運動へ市民が立ち上がった。

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その2 西へ西へと流れた街のエネルギーと水都の原風景

  6. カジノ誘致問題キャンペーン03

  7. 大阪IRカジノ「区域整備計画」の問題点とカジノ反対署名70,000筆超の民意

  8. カジノ誘致問題キャンペーン02

新着ブログ

  1. 夢洲の地盤の圧密沈下問題

  2. 子どもがいて、地域があって、学校がある

  3. 大阪に欠けたるもの

  4. 『世界』3 月号特集 2「維新の政治」を読む

  5. IR 整備計画 市民の疑念放置できぬ