政治不信は極まっている。

安倍菅政権での一番大きな問題は、本当に政治を信頼できなくなったことだ。

その劣化の影で、大阪維新の会の独裁政治が進んでいる。

地方行政は、二元代表制で決定される。首長が役所と共に作り上げた方向性に対して、議会がそれをチェックするしくみだ。共に市民から選出された首長と議員。この二重チェックによって暴走しないようにしくみ化されている。

ところが、大阪の場合、首長も議会も大阪維新の会で占められており、かつ聞く耳を持たない流儀である。

市民のための意見であっても、「既得権益のためだ」「政党のエゴだ」「市民に選ばれてない意見だ」ということで受け入れる素地すらない。この実態自体が異常なのだけれども、それを在阪マスコミは決して流さない。権力に利するというのはこういうことなのか。

そしてその空気感か、政治に興味がない、興味を持たされていない市民が、なんとなく空気感で、また維新の会を選択している。

本当の悪循環が目の前で起こっている。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  2. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。

  3. まちづくりは、人づくり02 夕霧大夫350回忌に向けて ~天王寺区下寺町02~

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  5. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

  6. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 大坂三郷プラスワン。4つの区の誕生

  7. 暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

  8. ストップ維新!リレートークその3:看護師の現場から

新着ブログ

  1. ねたみの構造を使う政治

  2. 体調崩しています。

  3. 河田 真誠(しんせい)さんのFBから。

  4. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  5. いよいよ衆議院選挙へ