市民活動の多様性と方向性

市民団体のあるべき活動ってどういう方向なんだろう。

大阪でもっと緩やかに活動を続ける大阪市民交流会の全体会が昨日ありました。

大阪市民交流会は、都構想にNOのワンイシューで集まった団体でした。当初の目的は叶ったものの少数意見を尊重しない、民意を無視し都構想と同様な府市一元化条例をすすめるような今の状況をほおっておけません。

この現状認識まではまず問題ないと思うのですが、だからどうするのか、という点については、過激な方から穏便な方、右から左までおられますので、そう簡単ではないんですよね。

しかし、ここは乗り越えねばならないハードルです。多様な活動を行う市民活動をどういう方向でまとめられるのかが試されています。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  2. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。

  3. まちづくりは、人づくり02 夕霧大夫350回忌に向けて ~天王寺区下寺町02~

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  5. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

  6. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 大坂三郷プラスワン。4つの区の誕生

  7. 暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

  8. ストップ維新!リレートークその3:看護師の現場から

新着ブログ

  1. ねたみの構造を使う政治

  2. 体調崩しています。

  3. 河田 真誠(しんせい)さんのFBから。

  4. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  5. いよいよ衆議院選挙へ