印象操作をする高市陣営。

自民党総裁選が告示されて、これが公職選挙法に当たらないからかもしれませんが、高市陣営の香野太郎叩きがえぐい。事実に基づいた批判、批評ならまだしも、ほとんど原形を留めない噂や噂にもならない話をウラトリもせずにガンガン流している。

これって、ものすごく私の仕事業界にも言えてて、資金を持っている側が多くのネット民を雇い入れて攻撃している図なんです。重要なのは、事実に基づかなくても、敵の印象を貶めしたらそれで十分という内容であること。これってもう反社会的行為だと思うんです。

これと同じ事をポジティブにもネガティブにもやっているのが大阪の政党が大阪維新の会。

過去の反省も何もなく、ただただ印象操作が目的でマスコミやネーミングを使いまくる。

出演させるマスコミは共犯関係なので、そのことで視聴率が上がるんだったら、デマでも何でも流す、と言いたいところですが、デマは流せないので、「印象操作」しているわけです。

では一体誰がこんなひどいことについて資金を提供しているのか。それはそういうことでそれ以上の利益のある方々がそういう情報を流しているわけです。

もしかしたら大阪維新の会自体が反社ではないのか、と感じたりするのは私だけでしょうか。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 夢洲の圧密沈下による地盤沈下

  2. 3/25地方自治最悪の事例を追認した不当判決。

  3. 「住民の意思を聞け」。大阪カジノ誘致の賛否を問う住民投票を求める署名運動へ市民が立ち上がった。

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その2 西へ西へと流れた街のエネルギーと水都の原風景

  6. カジノ誘致問題キャンペーン03

  7. 大阪IRカジノ「区域整備計画」の問題点とカジノ反対署名70,000筆超の民意

  8. カジノ誘致問題キャンペーン02

新着ブログ

  1. 夢洲の地盤の圧密沈下問題

  2. 子どもがいて、地域があって、学校がある

  3. 大阪に欠けたるもの

  4. 『世界』3 月号特集 2「維新の政治」を読む

  5. IR 整備計画 市民の疑念放置できぬ