今大阪の公教育はどうなっているのか。

教育の権利と義務として、小学校中学校までは教育を受ける権利、受けさせる義務があります。しかし、それを支える公教育が大変なことになっています。

学校間の内申書評価を公平化する目的と称して、コロナ禍によって臨時休校が相次ぐ中にもかかわらず、学校間格差を拡張する「チャレンジテスト」が行われました。不公平感もさらに広まり、その実施自体に意味が問われています。

その実態について、明日9月17日開催の「ストップ維新集会」で聴くことができます。

大阪の公教育がここまで危ないことになっていたのか!を実感できるはず。

#ストップ維新 #橋下徹 #広域一元化条例

ストップ維新!住んでよかったまち大阪をつくる市民連帯集会 | UCO-大阪コミュニティ通信社

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 夢洲の圧密沈下による地盤沈下

  2. 3/25地方自治最悪の事例を追認した不当判決。

  3. 「住民の意思を聞け」。大阪カジノ誘致の賛否を問う住民投票を求める署名運動へ市民が立ち上がった。

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その2 西へ西へと流れた街のエネルギーと水都の原風景

  6. カジノ誘致問題キャンペーン03

  7. 大阪IRカジノ「区域整備計画」の問題点とカジノ反対署名70,000筆超の民意

  8. カジノ誘致問題キャンペーン02

新着ブログ

  1. 夢洲の地盤の圧密沈下問題

  2. 子どもがいて、地域があって、学校がある

  3. 大阪に欠けたるもの

  4. 『世界』3 月号特集 2「維新の政治」を読む

  5. IR 整備計画 市民の疑念放置できぬ