祝賀資本主義と維新政治

東京オリンピック2020は結局、強行開催となりましたが、当初7,000億円程度のエコオリンピックは、公で3兆円、実質あ4兆円超えの費用が掛かっていると言われています。無観客となったのでほぼ収益はなく、まだオリンピックチケットの払い戻しは始まっていません。

ですがオリンピックという人類の祝賀祭典にケチを付けにくいのもまた事実で、それを狙った資本の活動のことを「祭事便乗型資本主義」とか「祝賀型資本主義」と呼んでいます。

前日に書いたナオミクラインの「惨事便乗型資本主義」よりも質の悪い新自由主義的な動きですが、これを堂々とやろうとしているのが、大阪万博2025+IR統合型リゾートというなのカジノです。

東京オリンピック2020のような大赤字は予想できるはずです。

必ず大赤字になっても維新は強行します。大阪府市民は早く気がつくべき。

#ストップ維新 #橋下徹 #広域一元化条例

ストップ維新!住んでよかったまち大阪をつくる市民連帯集会 | UCO-大阪コミュニティ通信社

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  2. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 大坂三郷プラスワン。4つの区の誕生

  4. 暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

  5. ストップ維新!リレートークその3:看護師の現場から

  6. ストップ維新!リレートークその2:元大阪市保健師・亀岡照子さん

  7. 農業のある大阪の未来02:ナカスジファーム

  8. ストップ維新!リレートークその1:淀川料飲協同組合・堀口博信理事長

新着ブログ

  1. 印象操作をする高市陣営。

  2. 祝登録者500名突破。

  3. 60年の時を経て包まれた凱旋門。クリストとジャンヌ=クロードの夢の巨大プロジェクトがパリで実現

  4. そうだったのか維新。

  5. イベントが終わって。