祝賀資本主義と維新政治

東京オリンピック2020は結局、強行開催となりましたが、当初7,000億円程度のエコオリンピックは、公で3兆円、実質あ4兆円超えの費用が掛かっていると言われています。無観客となったのでほぼ収益はなく、まだオリンピックチケットの払い戻しは始まっていません。

ですがオリンピックという人類の祝賀祭典にケチを付けにくいのもまた事実で、それを狙った資本の活動のことを「祭事便乗型資本主義」とか「祝賀型資本主義」と呼んでいます。

前日に書いたナオミクラインの「惨事便乗型資本主義」よりも質の悪い新自由主義的な動きですが、これを堂々とやろうとしているのが、大阪万博2025+IR統合型リゾートというなのカジノです。

東京オリンピック2020のような大赤字は予想できるはずです。

必ず大赤字になっても維新は強行します。大阪府市民は早く気がつくべき。

#ストップ維新 #橋下徹 #広域一元化条例

ストップ維新!住んでよかったまち大阪をつくる市民連帯集会 | UCO-大阪コミュニティ通信社

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 1500億円に上る市立高校の財産無償譲渡差し止め請求 第3回報告会

  2. 裁判が始まった、大阪市立高校無償譲渡問題

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その1 「江戸時代の大坂」と「明治以後の大阪」の架け橋になった巨大区

  4. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。

  6. まちづくりは、人づくり02 夕霧大夫350回忌に向けて ~天王寺区下寺町02~

  7. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  8. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

新着ブログ

  1. NEXT OSAKA講座

  2. 新庄新監督とメディアの関係に学ぶ

  3. 衆議院選挙が明けて。

  4. ねたみの構造を使う政治

  5. 体調崩しています。