夢洲はATC・WTCどころではない

大阪維新の会の一丁目一番地の政策であった大阪都構想。既に住民投票は2回に渡って廃案になりました。

それと共に掲げてきたのが、二重行政の廃止。大阪府と大阪市でムダな競争をして競い合った税金のムダを止める。ということでした。その象徴のひとつがWTCであったり、intex大阪とマイドームおおさかなんかなのですが、二重であっても何も困らないんですけどね。

ところが、万博・IRは全てコロナ前の話。コロナがぱたっと終わるとも思えず、全く行き先が見えない夢洲開発。企業は逃げ、税金が投入されるのは間違いない。

それに対して、素朴な疑問を市民団体が訴えかけている。

UCOもこれを追いかけます。

「夢洲」開催にリスク 万博会場 市民団体訴え

https://www.nnn.co.jp/dainichi/news/210908/20210908021.html

 

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 1500億円に上る市立高校の財産無償譲渡差し止め請求 第3回報告会

  2. 裁判が始まった、大阪市立高校無償譲渡問題

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その1 「江戸時代の大坂」と「明治以後の大阪」の架け橋になった巨大区

  4. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。

  6. まちづくりは、人づくり02 夕霧大夫350回忌に向けて ~天王寺区下寺町02~

  7. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  8. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

新着ブログ

  1. NEXT OSAKA講座

  2. 新庄新監督とメディアの関係に学ぶ

  3. 衆議院選挙が明けて。

  4. ねたみの構造を使う政治

  5. 体調崩しています。