しょぼすぎる大屋根に350億円。

上記写真は公開されている万博完成予想図

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 (expo2025.or.jp)

このコロナ禍で2025年の大阪万博の開催が危ぶまれています。

にも係わらず、期間が終われば取り壊す円形の大屋根に350億円。

しかもこれ、エリアをみせているだけで、350億円の価値がない・・・。

どんなセンスをしているんだろう。350億円を医療従事者につぎ込めばどれだけの人が助かるんだろう。

<夢洲懇談会のblogより>
オリンピックだけじゃなく、万博もドタバタ中。どこまで費用があがるのか。現時点をまとめました。

 

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  2. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 大坂三郷プラスワン。4つの区の誕生

  4. 暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

  5. ストップ維新!リレートークその3:看護師の現場から

  6. ストップ維新!リレートークその2:元大阪市保健師・亀岡照子さん

  7. 農業のある大阪の未来02:ナカスジファーム

  8. ストップ維新!リレートークその1:淀川料飲協同組合・堀口博信理事長

新着ブログ

  1. 印象操作をする高市陣営。

  2. 祝登録者500名突破。

  3. 60年の時を経て包まれた凱旋門。クリストとジャンヌ=クロードの夢の巨大プロジェクトがパリで実現

  4. そうだったのか維新。

  5. イベントが終わって。