しょぼすぎる大屋根に350億円。

上記写真は公開されている万博完成予想図

公益社団法人2025年日本国際博覧会協会 (expo2025.or.jp)

このコロナ禍で2025年の大阪万博の開催が危ぶまれています。

にも係わらず、期間が終われば取り壊す円形の大屋根に350億円。

しかもこれ、エリアをみせているだけで、350億円の価値がない・・・。

どんなセンスをしているんだろう。350億円を医療従事者につぎ込めばどれだけの人が助かるんだろう。

<夢洲懇談会のblogより>
オリンピックだけじゃなく、万博もドタバタ中。どこまで費用があがるのか。現時点をまとめました。

 

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 1500億円に上る市立高校の財産無償譲渡差し止め請求 第3回報告会

  2. 裁判が始まった、大阪市立高校無償譲渡問題

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その1 「江戸時代の大坂」と「明治以後の大阪」の架け橋になった巨大区

  4. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。

  6. まちづくりは、人づくり02 夕霧大夫350回忌に向けて ~天王寺区下寺町02~

  7. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  8. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

新着ブログ

  1. NEXT OSAKA講座

  2. 新庄新監督とメディアの関係に学ぶ

  3. 衆議院選挙が明けて。

  4. ねたみの構造を使う政治

  5. 体調崩しています。