どういう論理構造なのだろう。池田市長選挙

大阪維新の会の前市長が、市長室に勝手にサウナを持込み、かつその経緯の中で池田市職員を恫喝していた問題で、当の池田市長は辞任し、8月29日投票の池田市市長選挙となった。

ところが、である。その元池田市市長は、みそぎと称して無所属候補として再出馬。

これも倫理観ゼロなのであるが、それに輪を掛けて、この元池田市市長の秘書が、大阪維新の会から立候補し、当選した。

問題を起こした大阪維新の会の元池田市市長の元秘書だった人間が、問題を起こした大阪維新の会から出馬して、新しい大阪市長になった。

本来、この選挙では、不祥事を起こした大阪維新の会は立候補しないのが人の道ではないのか。

人の道を外してまで、池田市市長になりたかった候補と、それを無理押しした大阪維新の会。

そして、その候補に投票した、池田市民。どういう精神構造なのだろう。どう考えれば成り立つ論理構造なのだろう。

大阪維新の会だったら、何でもいいのか。

そう思われても仕方がない選択を池田市民はしたことになる。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  2. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 大坂三郷プラスワン。4つの区の誕生

  4. 暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

  5. ストップ維新!リレートークその3:看護師の現場から

  6. ストップ維新!リレートークその2:元大阪市保健師・亀岡照子さん

  7. 農業のある大阪の未来02:ナカスジファーム

  8. ストップ維新!リレートークその1:淀川料飲協同組合・堀口博信理事長

新着ブログ

  1. 印象操作をする高市陣営。

  2. 祝登録者500名突破。

  3. 60年の時を経て包まれた凱旋門。クリストとジャンヌ=クロードの夢の巨大プロジェクトがパリで実現

  4. そうだったのか維新。

  5. イベントが終わって。