属人的か属事的か。

要は、人で判断するのか、事で判断するのか。ということなのですが、簡単なようで難しい。

例えばミスを注意する場合、そのミスをした「人」を注意すべきなのか、そのミスした「こと」を注意すべきなのか。

よく罪を憎んで人を憎まずと言いますが、これは典型的な「コト」判断です。

私自身は、長い間、人で判断する属人的な評価が嫌いで、コトで判断するように心かげてきました。

ところがです。

昨年、「あり方で生きる」の大久保寛司さんと出会い、「コトではなくヒト」というセミナーを受けて、ちょっと整理が付かなくなりました。本当はどちらなんでしょう。もしくはどちらでないのかもしれません。

ダメなコトはダメ、でもヒトによってはあり、ということでもないのですが、あるヒトだったら許せるけど、あるヒトだったら同じ事でも許せないってありますよね。

結局はヒトなのか。コトなのか。

ちなみに「属人的」という単語はあるのですが、「属事的」という単語はありません。

更に言うと、属人思考、属事思考という言葉はあるようです。一般的には、ヒトではなくコトで判断しようというのが普通ですが。

結論というよりは、意見を投げておきます。

あなたはどちらですか。またどう使い分けてますか。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  2. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 大坂三郷プラスワン。4つの区の誕生

  4. 暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

  5. ストップ維新!リレートークその3:看護師の現場から

  6. ストップ維新!リレートークその2:元大阪市保健師・亀岡照子さん

  7. 農業のある大阪の未来02:ナカスジファーム

  8. ストップ維新!リレートークその1:淀川料飲協同組合・堀口博信理事長

新着ブログ

  1. 印象操作をする高市陣営。

  2. 祝登録者500名突破。

  3. 60年の時を経て包まれた凱旋門。クリストとジャンヌ=クロードの夢の巨大プロジェクトがパリで実現

  4. そうだったのか維新。

  5. イベントが終わって。