ウイズコロナの政策転換へ

コロナの話題が続きます。

緊急事態宣言が9月12日まで延長されましたが、飲食店の全面規制を一体いつまで続けるつもりなのか。

職業の自由裁量をどこまで奪っていいモノなのか。

こんな完全自粛をいつまでも続けるのではなく、以前書いたオーストリアの電車増便と同様に店舗での対策で対応できないものなのでしょうか。

1)50%の人数制限
2)黙食の徹底
3)そのための店内のBGM廃止
4)酒類量の提供制限
5)CO2チェックによる換気量監視

だけして、お店を開けばいいのに、と思います。
コロナはこれから当面続くと考えるとどうコロナと付き合っていくのかという指針を示す時期に来ているように思います。

もうフェーズは変わっています。いつまで同じ「補償なき緊急事態宣言」政策ですすめようとしているのでしょうか。

 

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 1500億円に上る市立高校の財産無償譲渡差し止め請求 第3回報告会

  2. 裁判が始まった、大阪市立高校無償譲渡問題

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その1 「江戸時代の大坂」と「明治以後の大阪」の架け橋になった巨大区

  4. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。

  6. まちづくりは、人づくり02 夕霧大夫350回忌に向けて ~天王寺区下寺町02~

  7. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  8. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

新着ブログ

  1. NEXT OSAKA講座

  2. 新庄新監督とメディアの関係に学ぶ

  3. 衆議院選挙が明けて。

  4. ねたみの構造を使う政治

  5. 体調崩しています。