ウイズコロナの政策転換へ

コロナの話題が続きます。

緊急事態宣言が9月12日まで延長されましたが、飲食店の全面規制を一体いつまで続けるつもりなのか。

職業の自由裁量をどこまで奪っていいモノなのか。

こんな完全自粛をいつまでも続けるのではなく、以前書いたオーストリアの電車増便と同様に店舗での対策で対応できないものなのでしょうか。

1)50%の人数制限
2)黙食の徹底
3)そのための店内のBGM廃止
4)酒類量の提供制限
5)CO2チェックによる換気量監視

だけして、お店を開けばいいのに、と思います。
コロナはこれから当面続くと考えるとどうコロナと付き合っていくのかという指針を示す時期に来ているように思います。

もうフェーズは変わっています。いつまで同じ「補償なき緊急事態宣言」政策ですすめようとしているのでしょうか。

 

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 夢洲の圧密沈下による地盤沈下

  2. 3/25地方自治最悪の事例を追認した不当判決。

  3. 「住民の意思を聞け」。大阪カジノ誘致の賛否を問う住民投票を求める署名運動へ市民が立ち上がった。

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その2 西へ西へと流れた街のエネルギーと水都の原風景

  6. カジノ誘致問題キャンペーン03

  7. 大阪IRカジノ「区域整備計画」の問題点とカジノ反対署名70,000筆超の民意

  8. カジノ誘致問題キャンペーン02

新着ブログ

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第4回 大阪港湾エリア 近代港の発展 港区・大正区・此花区の成り立ち

  2. 夢洲の地盤の圧密沈下問題

  3. 子どもがいて、地域があって、学校がある

  4. 大阪に欠けたるもの

  5. 『世界』3 月号特集 2「維新の政治」を読む