維新の議員のツィートから。

維新の会という政党は、
都合の良いような事実で物事を構成し、かつそれを歪曲し拡大解釈して伝えるプロ集団である。
それに対して、私たちは反対を述べてもそこに勝ち目はない。
彼らのツイートの中で、以下のようなモノがあった。

①国にはMMTをしない限りお金はない。
②国民は分断され、貧しい人が増えている。
③何でも税金任せではダメ
④テレビに出ているとがんばっているようにみえる
⑤ムダにみえるものでも重要なモノもある。
⑥批判をするだけの政党がある
⑦そうでもしないとやっていけない

これらは全て事実だからこそ、その解決策が間違っているのがわかりにくいし、それを知っていて、わざとわかりにくくして情報配信をしている。

そのわかりにくさこそが、情報格差として操作するに値すると維新は思っている。

そして2921年9月9日にはこのTwitterは削除された。

分断と対立のイメージ戦略。そこに戦いを挑まねばならないのか。

 

 

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  2. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 大坂三郷プラスワン。4つの区の誕生

  4. 暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

  5. ストップ維新!リレートークその3:看護師の現場から

  6. ストップ維新!リレートークその2:元大阪市保健師・亀岡照子さん

  7. 農業のある大阪の未来02:ナカスジファーム

  8. ストップ維新!リレートークその1:淀川料飲協同組合・堀口博信理事長

新着ブログ

  1. 印象操作をする高市陣営。

  2. 祝登録者500名突破。

  3. 60年の時を経て包まれた凱旋門。クリストとジャンヌ=クロードの夢の巨大プロジェクトがパリで実現

  4. そうだったのか維新。

  5. イベントが終わって。