何も問題は解決していない。

コロナ禍は本当に大変な災いだと思う。

しかしコロナ禍が終われば、これまでの問題、少子高齢化やリーマンショックの問題は解決されているのか。それはそのまま、いや、それ以上にひどいことになっている。

ならば、コロナ禍はひとつのチャンスなのかもしれない。

ここで被害者ぶったり、単に現政権に反対するのではなく、次の問題解決への一歩を踏み出さないことには何も始まらない。

維新や安倍菅政権に反対しているだけでは、まだ半分しか見えてないのだ。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  2. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

  3. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 大坂三郷プラスワン。4つの区の誕生

  4. 暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

  5. ストップ維新!リレートークその3:看護師の現場から

  6. ストップ維新!リレートークその2:元大阪市保健師・亀岡照子さん

  7. 農業のある大阪の未来02:ナカスジファーム

  8. ストップ維新!リレートークその1:淀川料飲協同組合・堀口博信理事長

新着ブログ

  1. 印象操作をする高市陣営。

  2. 祝登録者500名突破。

  3. 60年の時を経て包まれた凱旋門。クリストとジャンヌ=クロードの夢の巨大プロジェクトがパリで実現

  4. そうだったのか維新。

  5. イベントが終わって。