私たちの新しい大阪像を創る時が近づいている。

#新しい大阪 #自分度 #ミュニシパリズム

ミュニシパリズム:グローバリゼーションの下で新自由主義的な政策が進む中、多くの国で貧困・格差が広がり、地域経済も疲弊しています。そんな中、自治体やコミュニティを基礎にした「公共」の再生の動きが広がっています。水道、電力、教育、住宅などの公共サービスを再公営化する動きや、持続可能な農と食をめざす取り組み、さらには政策決定プロセスを人びとに取り戻すための直接民主主義も生まれています。これらは総称して「ミュニシパリズム(地域主義・自治体主義)」と呼ばれたり、大資本が支配する既存のシステムに抗うという意味で「fearless city(恐れない都市)」とも言われます。世界の実践から学び、日本の自治体・コミュニティの再生に向けたアイデアを議論します。

「ミュニシパリズム(地域主義)という希望 ―公共を再生する世界の都市に学ぶ」から引用

半年に渡るUCO活動での反省と総括

多くの方々に支援していただき、2月からすすめてきた弊社UCOですが、あまりにもひどい大阪維新の会がすすめる大阪市政の現状についてお伝えしようとすると、反維新の情報配信社のようになってしまったのではないでしょうか。私たちは、大阪維新の会が信条としている、既存の大阪を破壊して行政を株式会社化するような新自由主義には断固反対していますが、その姿勢は、かえって分断と対立を煽ってしまう状況を作っているのではないかと感じています。

私たちは私たちの旗を掲げて

分断と対立を煽ってしまった原因のひとつは、私たちが寄るところの旗を明快にしていないことにあります。現状分析からスタートしているこのUCOの配信は、今起こっていることを重視するという視点からは絶対に重要ですが、それだけでは批判だけに終わってしまうことも多々あります。私たちは私たちの旗を掲げて、活動すべきでした。
そしてそれは政治色一色の旗ではなく、ミュニシパリズムやフェアレスシティを望む「大阪コミュニティ合衆国」のような旗ではないかと思っています。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. カジノ誘致住民投票条例 府議会による否決は住民自治・民主主義軽視

  2. 吉村知事との面会を頑なに拒み続ける府職員 行政の長も職員も府民の声を受け取らない姿勢が問われる

  3. カジノ誘致の賛否をもとめる210,134の府民の声、いよいよ府に請求

  4. 大阪府庁を取り囲む550人超のヒューマンチェーン。住民投票の実現をもとめる府民の声が高まった

  5. 夢洲の圧密沈下による地盤沈下

  6. 3/25地方自治最悪の事例を追認した不当判決。

  7. 「住民の意思を聞け」。大阪カジノ誘致の賛否を問う住民投票を求める署名運動へ市民が立ち上がった。

  8. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

新着ブログ

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第4回 大阪港湾エリア 近代港の発展 港区・大正区・此花区の成り立ち

  2. 夢洲の地盤の圧密沈下問題

  3. 子どもがいて、地域があって、学校がある

  4. 大阪に欠けたるもの

  5. 『世界』3 月号特集 2「維新の政治」を読む