内田先生の投稿から。

内田樹「座視できない五輪の無理押し 今こそ再び、五輪中止を求める」〈AERA〉(AERA dot.) – Yahoo!ニュース

UCOで最も再生回数の高い内田先生が、五輪反対をこのタイミングで再度問うておられます。

 政府が国民的反対を押し切ってまで五輪の強行開催に固執するのは、そうすれば、自分たちがどれほどの権力を持つか、国民がいかに無力かを思い知らせることができると思っているからである。
今回の五輪が無理押しできるようであれば、これ以後はもうどのような無法についても、国民は黙って従うだろう。(本文引用)

もう既に、モリカケから始まり、数々の大臣の問題、何でも謝れば済む空気感、さらに辻褄の合わない言葉での時間稼ぎで、大概、国民は怒り、悲しみ、そして諦め、そして黙り込んでいる。
国民は無力であることを思い知っている方も日に日に多くなってきている。

つまり無茶苦茶を通せば、今後ももっと無茶苦茶やっても大丈夫というお墨付きを与えるようなものだ、と内田先生は訴えていただいている。

本当に行動せねば、戦争ですら起こしかねない状況にあることを心底感じています。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. カジノ誘致住民投票条例 府議会による否決は住民自治・民主主義軽視

  2. 吉村知事との面会を頑なに拒み続ける府職員 行政の長も職員も府民の声を受け取らない姿勢が問われる

  3. カジノ誘致の賛否をもとめる210,134の府民の声、いよいよ府に請求

  4. 大阪府庁を取り囲む550人超のヒューマンチェーン。住民投票の実現をもとめる府民の声が高まった

  5. 夢洲の圧密沈下による地盤沈下

  6. 3/25地方自治最悪の事例を追認した不当判決。

  7. 「住民の意思を聞け」。大阪カジノ誘致の賛否を問う住民投票を求める署名運動へ市民が立ち上がった。

  8. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

新着ブログ

  1. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第4回 大阪港湾エリア 近代港の発展 港区・大正区・此花区の成り立ち

  2. 夢洲の地盤の圧密沈下問題

  3. 子どもがいて、地域があって、学校がある

  4. 大阪に欠けたるもの

  5. 『世界』3 月号特集 2「維新の政治」を読む