内田先生の投稿から。

内田樹「座視できない五輪の無理押し 今こそ再び、五輪中止を求める」〈AERA〉(AERA dot.) – Yahoo!ニュース

UCOで最も再生回数の高い内田先生が、五輪反対をこのタイミングで再度問うておられます。

 政府が国民的反対を押し切ってまで五輪の強行開催に固執するのは、そうすれば、自分たちがどれほどの権力を持つか、国民がいかに無力かを思い知らせることができると思っているからである。
今回の五輪が無理押しできるようであれば、これ以後はもうどのような無法についても、国民は黙って従うだろう。(本文引用)

もう既に、モリカケから始まり、数々の大臣の問題、何でも謝れば済む空気感、さらに辻褄の合わない言葉での時間稼ぎで、大概、国民は怒り、悲しみ、そして諦め、そして黙り込んでいる。
国民は無力であることを思い知っている方も日に日に多くなってきている。

つまり無茶苦茶を通せば、今後ももっと無茶苦茶やっても大丈夫というお墨付きを与えるようなものだ、と内田先生は訴えていただいている。

本当に行動せねば、戦争ですら起こしかねない状況にあることを心底感じています。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  2. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。

  3. まちづくりは、人づくり02 夕霧大夫350回忌に向けて ~天王寺区下寺町02~

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

  5. 夢洲に集客施設、観光開発は危険

  6. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 大坂三郷プラスワン。4つの区の誕生

  7. 暮らしの「自分度」を取り戻す挑戦

  8. ストップ維新!リレートークその3:看護師の現場から

新着ブログ

  1. ねたみの構造を使う政治

  2. 体調崩しています。

  3. 河田 真誠(しんせい)さんのFBから。

  4. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  5. いよいよ衆議院選挙へ