狂っている国家試験としての建築士試験

日曜日は年に1回の一級建築士学科試験でした。

出題の中で、

レッチワース(Eハワードが計画した田園都市)の出題は許そう。

パトリック・ゲデスも100歩ゆずって許そう。

しかしパトリック・ゲデスの保存的外科手術=Conservative Surgery まで出題するのはやり過ぎやろう。

もう一級建築士学科試験は、建築士の試験から世界史の試験に変わったのか。こんな知識、一級建築士に本当に必要なのか。もう試験のための試験という気がする。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 夢洲の圧密沈下による地盤沈下

  2. 3/25地方自治最悪の事例を追認した不当判決。

  3. 「住民の意思を聞け」。大阪カジノ誘致の賛否を問う住民投票を求める署名運動へ市民が立ち上がった。

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 番外編 府と区都市の関係について再考

  5. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その2 西へ西へと流れた街のエネルギーと水都の原風景

  6. カジノ誘致問題キャンペーン03

  7. 大阪IRカジノ「区域整備計画」の問題点とカジノ反対署名70,000筆超の民意

  8. カジノ誘致問題キャンペーン02

新着ブログ

  1. 夢洲の地盤の圧密沈下問題

  2. 子どもがいて、地域があって、学校がある

  3. 大阪に欠けたるもの

  4. 『世界』3 月号特集 2「維新の政治」を読む

  5. IR 整備計画 市民の疑念放置できぬ