狂っている国家試験としての建築士試験

日曜日は年に1回の一級建築士学科試験でした。

出題の中で、

レッチワース(Eハワードが計画した田園都市)の出題は許そう。

パトリック・ゲデスも100歩ゆずって許そう。

しかしパトリック・ゲデスの保存的外科手術=Conservative Surgery まで出題するのはやり過ぎやろう。

もう一級建築士学科試験は、建築士の試験から世界史の試験に変わったのか。こんな知識、一級建築士に本当に必要なのか。もう試験のための試験という気がする。

関連ブログ