本渡章先生にお会いしてきました。

長雨が続く中、本渡章先生にアポを取ってご自宅近くのカフェでお会いしてきました。
方向性としてはあまり詰めずにブレインストーミングから始めました。

都構想という考え方について

区分けや統治機構について、経済視点やノスタルジーでどうするのかを議論していたが、区民文化という括りでの視点は、賛成派反対派共に全く聞くことはなかったですよね。区といっても行政区=行政が決めたモノなのでそこに対して、区民文化という視点を立ち上げる人はほとんどいなかったと思います。
大阪は「大阪文化」という一括りであり、その大阪の各区が持つ多様性には目がいかなかったということを痛切に感じました。とのこと。

各区には区史があるんだけど

24区各区には、それぞれ区史が編纂されているんだけど、区=行政区という認識が強いんですが、そもそもその区を決めたのは、その前段階での郷や村があるわけです。つまり文化圏としてのかたまりだったところを中心に区割を作ったというのが順序であるわけです。それらを区史では解説しているはずなんですが、区民にとっては敷居が高いですよね。さらに居住している行政区には興味があっても、全区の成り立ち自体にはあまり興味がある方はほとんどいません。
そういう背景から、拙著「古地図でたどる大阪24区の履歴書」を書いたわけです。とのこと。

これは楽しみな展開になりました

本渡先生の視点は、都構想賛成反対という枠の外にありました。そしてその内容をUCOに動画で解説していただくことにご快諾いただきました。このブログでは、それまでのプロセスからポイントを拾い集めて動画アップまでお届けしたいと思います。

関連ブログ

新着記事・番組

  1. 2022年1月24日カジノ公聴会(ほぼノーカット版)

  2. 1500億円に上る市立高校の財産無償譲渡差し止め請求 第3回報告会

  3. 裁判が始まった、大阪市立高校無償譲渡問題

  4. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第2回 その1 「江戸時代の大坂」と「明治以後の大阪」の架け橋になった巨大区

  5. 大阪市学校財産無償譲渡差し止め請求事件

  6. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その3 平成の減区・合区が時代のターニングポイント。

  7. まちづくりは、人づくり02 夕霧大夫350回忌に向けて ~天王寺区下寺町02~

  8. 本渡章の「古地図でたどる大阪の歴史」~「区」150年の歩み 第1回 その2 大正~昭和は人口爆発、増区・分区の4段跳び時代。

新着ブログ

  1. NEXT OSAKA講座

  2. 新庄新監督とメディアの関係に学ぶ

  3. 衆議院選挙が明けて。

  4. ねたみの構造を使う政治

  5. 体調崩しています。